蒼褪めた空の軌跡
俺の思った事、適当に書いたりしていきます!! 気に食わなくても気に入っても、 悪魔で自己マンですのであしからず



--.--.--  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.07.04  蒼

見上げた空は昨日と同じですか?

空は明日も同じでいてくれますか?

永遠はあの向こうにあるのかな?

永遠ってなんだろう...

色褪せて行く景色に消えませんか?

不変って事なのかな?

心地良い響き...






2007.05.02  久々にやる気が出てきた('ε'*)

~黄昏~

まどろみに堕ちて行く

一色に染まりし空

ただまぶしい時間が過ぎ

優しい空になる

黄昏を待ちわびて

揺れる僕を観てる

迷うだけ迷っては

逃げ出す人もいる

時に人は力尽きて

崩れ落ちて行く様に見えても

人はやがて自分で立ち上がろうとする

街はもう黄昏て

風は想いを運ぶ

あの頃に何故思いはせてる?

いそぎ過ぎる時間達は

僕らを急かしてる

短くて儚くて散ってしまう前に

時に人は眩いほどに

輝き放ち続けようとするけど

人は疲れてしまい儚く散ってゆく

時に人は力尽きて

崩れ落ちてゆく様に見えても

人はやがて自分で立ち上がろうとする

黄昏の時間は過ぎ

疲れて夢を見る

輝いて散って行くそれだけじゃないと...




2006.10.28  ちょっとダークに...

人は皆重い荷を背負って生きていた...

初めは自分と言う重し...

次に闘う為の様々な武器...

次に護るべきものを護る義務...責任...

次に次代を担うであろう重し...

それらから開放されるときすなわちそれは死を意味する。



ここから先は気になる人のみどうぞ('ε'*)
←and more

2006.08.29  SILENT SIREN

夢を描くのに資格がいる世界

常識と言う壁に囲まれている

道しるべが無ければ歩けない道

窓を開け放つ事すら重苦しい

いつも窓の外を眺めている

健気な弱い小鳥には

檻の外は憧れ。夢想の世界

手に入れた檻の鍵すら手放してしまう

決められた道しか無いと誰が決めたんだ

今そこにある物をぶち破ればきっと

無限に広がる世界が待っているのに

存在証明を鳴らすサイレンだけが響く

檻に新しい仲間が入ってきた

そいつはいつも世界は大きく素晴らしいと言った

でもそいつの翼には無数の傷が付いていた

けれどもそいつはまたあの大空を飛びたいと願っていた

狭い世界に囚われていつしか自分を見失ってた

幼い頃に描いた夢は黒いインクで塗り潰したりして

虹色に輝いてたあの夢はきっと

目の前のあいつなんだろう

今そこにある物をぶち破ればきっと

あの空色のキャンパスに虹を創れるだろう

例え傷ついたとしてもきっと糧と成ると信じて

決起のサイレンを鳴らそう

SILENT SIREN




2006.08.06  星の在り処

君の為星を読む 朝に溶けて消えてゆく

行き先を無くしたまま 想いは溢れてくる

強さにも弱さにも この心は向き合えた

君とならどんな明日が 来ても恐くないのに

二人歩いた時を 信じていて欲しい

真実も嘘も無く 夜が明けて朝が来る

星空が朝に溶けても 君の輝きは判るよ

思い出を羽ばたかせ 君の空へ舞い上がる

星空が朝に溶けても 君の輝きは判るよ

「愛してる」ただそれだけで 二人はいつかまた逢える
←and more

プロフィール

夏樹 夕香

  • Author:夏樹 夕香
  • 夏樹の穴へようこそ~^^

    ここにはとってもDEEPな世界が広がってるよ(とっても浅いです)



最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

Flashアナログ時計(背景可変版)

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。